DATAFLUCT ニュースレター【2021年12月号】
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

DATAFLUCT ニュースレター【2021年12月号】

DATAFLUCT

こんにちは!DATAFLUCT公式noteです。「DATAFLUCTニュースレター」として、今月の出来事をまとめてお届け⛄️
今年もあと残すところわずかとなりましたが、イベント登壇や新たな事業の発表など、12月もたくさんのニュースがありました!

■12月のトピック

スタートアップとテクノロジーの祭典「TechCrunch Tokyo 2021」にて代表取締役 久米村とCTO 原田が登壇

画像1

2021年12月2日、3日に開催されたスタートアップとテクノロジーの祭典「TechCrunch Tokyo 2021」にて、代表取締役の久米村隼人が「スタートアップバトル」本戦に登壇、CTOの原田一樹が「CTO of the year」に登壇しました。

惜しくも受賞は逃しましたが、イベント視聴者の皆様に、データ活用の民主化を実現するための「マルチモーダルプラットフォーム構想」や、DATAFLUCTの技術と組織の強みをお伝えできる機会となりました。

新サービス データに基づく持続可能なまちづくりを実現するプラットフォーム『TOWNEAR』公開

エリアに関するあらゆるビッグデータを統合・分析し、専門的な知識やソフトウェアなしでデータに基づく「持続可能なまちづくり」を可能にするプラットフォーム『TOWNEAR(タウニア)』の提供を12月14日(火)より開始しました。

TOWNEAR 人流分析

人口減少や少子高齢化、気候変動に伴う自然災害の増加、新型コロナウイルス感染症の流行による働き方・暮らし方の変化など、まちとそこに暮らす人々を取り巻く状況は変化し続けています。

複雑化するまちの課題を解決するカギとして、データ活用への関心が高まっていますが、エリアに関するデータは人流データや交通データ、SNSデータなどさまざまな形で存在しており活用が難しいとされてきました。

『TOWNEAR』は、多数のデータ活用事業を手掛けてきたDATAFLUCTの技術をもとに、エリアに関する複数のビッグデータを組み合わせることが可能です。これにより、リアルタイムの位置情報分析、口コミ解析、人流モニタリングなどの高度なデータ分析を行い、まちの最新状況を把握することができます。

詳細は『TOWNEAR』Webサイトをご参照ください。
▶︎ https://lp.townear.ai/

「ASCII STARTUP」や、宇宙産業をテーマとする「SPACE Media」で掲載いただいています。

「TOKYO SPACE BUSINESS EXHIBITION」にて代表 久米村が登壇、JAXAベンチャーとしてのブースも出展

12月14日・15日に開催された宇宙ビジネスの最前線が体験できるアジア最大級の宇宙ビジネスイベント「NIHONBASHI SPACE WEEK 2021」内、「TOKYO SPACE BUSINESS EXHIBITION」にて、当社代表取締役の久米村隼人が登壇しました。

スクリーンショット 2021-12-21 17.15.24

衛星データ等を活用したデータドリブンな街づくりの取り組みとして、新サービス『TOWNEAR』の技術をご紹介しました。

スクリーンショット 2021-12-21 17.17.55

また、イベント期間中は「JAXAベンチャー」として展示の場もいただき、多くの方にDATAFLUCTを知っていただくことができました。

株式会社クレディセゾンと業務提携に関する基本合意を締結、カーボンニュートラル・クレジットカード発行に向けた検討を開始

DATAFLUCTは今年7月に、スウェーデンのインパクトテック企業・ドコノミー社との提携契約締結を発表しました。(詳細はプレスリリースをご参照ください。)
ドコノミーと日本・アジア圏企業における「Åland Indexオーランド インデックス」を活用した提携は初であり、金融業界を中心に多数の企業から関心をお寄せいただいてきました。

提携合意 ロゴ画像

今回の取り組みは、2050年カーボンニュートラルに向けたサステナブルな社会の共創を目指すクレディセゾンとDATAFLUCTの想いが一致し実現しまし
た。

今後はクレディセゾングループが持つペイメントビジネスに関する幅広い技術・ノウハウと、DATAFLUCTとドコノミーが持つAI活用・CO2排出量可視化に関する先進的な技術を掛け合わせ、決済データに紐づくCO2排出量の可視化と、カーボン・オフセットができるクレジットカードおよびWebアプリケーションサービスの開発に向けた取り組みを進めます。

カーボンニュートラル・クレジットカードのサービスイメージ

「日経電子版」や「環境ビジネスオンライン」などで掲載いただいています。

AIスタートアップ企業のピッチイベント『HONGO AI 2021』にて「三井住友銀行賞」と「視聴者賞」を受賞、アーカイブが公開されました

11月29日に東京・日本橋三井ホールで開催されたAIスタートアップ企業のピッチイベント『HONGO AI 2021』にて、スポンサー賞のひとつである「三井住友銀行賞」と視聴者投票によって決定する「視聴者賞」を受賞しました。

当日の様子が日経チャンネルのアーカイブの「アワード企業ピッチコンテスト(後半)」で公開されましたので、ぜひご覧ください🙌
▶︎ https://channel.nikkei.co.jp/hongoai2021/

また、視聴者賞の副賞として「日経デジタルフォーラム」にて記事を掲載いただきました。

■Inside DATAFLUCT

17名のメンバーがジョイン🎉
3名の正社員メンバーも迎えました!

12月は、17名の業務委託メンバーがジョインしました🙌また、業務委託の形式から正社員に転向したメンバーや新たに加わったメンバーも合わせて、3名の正社員を採用しました。

DATAFLUCTでは、事業の拡大に伴いメンバーを大募集しています📣ぜひ、募集一覧や代表久米村のブログをチェックしてくださいね!

最後までご覧くださりありがとうございました!
来年のDATAFLUCTにも、どうぞご期待ください☺️

この記事が参加している募集

オープン社内報

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

note更新やイベント情報、新サービス情報をお届けしています!

ありがとうございます!フォローもぜひお願いします!
DATAFLUCT
「データを商いに」 データサイエンスの力で、あらゆる産業や組織が抱える課題を解決し、社会をサステナブルに変えることを目指すスタートアップDATAFLUCTの公式noteです。 当社の最新情報や、技術ブログをお届けします!