マガジンのカバー画像

技術ブログ

13
AI、機械学習、データサイエンスに関心のある方必見!DATAFLUCTの技術や事例をご紹介
運営しているクリエイター

#データ分析

温室効果ガスとしてのCO2の現状

気象庁が発表している通り、現在地球は過去1400年で最も暖かくなっております。 地球温暖化の…

DATAFLUCT
1年前

三大クラウド(AWS・Azure・GCP)を使いこなすマルチクラウド活用術 #2 ゼロ・トラス…

こんにちは!DATAFLUCT service platform. の開発とマルチクラウド戦略を推進している原田です…

DATAFLUCT
2年前

データ分析基盤の作り方

こんにちは、DATAFLUCTのPlatformチームです。 「データを商いに」(datascience for everybus…

DATAFLUCT
2年前

マーケターなら誰でも簡単に使える、SNSデータを用いたアトリビューション自動解析で…

自己紹介簡単に大学からこれまでの自己紹介をさせていただきます。 京都大学の医学部人間健康…

DATAFLUCT
2年前

データサイエンティストのためのデータカタログ

今回の記事は出口がお届けします。 まずは、私の自己紹介から。 普段はWeb系のIT会社に勤務し…

DATAFLUCT
2年前

技術のうろこ DATAFLUCT aline. Vol.02 ーにんげんたちのい…

DATAFLUCT aline.では、人工衛星画像から推定された建造物面積情報を用いて、スプロール現象の…

DATAFLUCT
2年前

技術のうろこ DATAFLUCT aline. Vol.01 ー階層化と効率化ー

DATAFLUCT aline.では、環境負荷、インフラコスト増大といった都市課題の原因となるスプロール現象の進行度の可視化を行っています。 スプロール現象の進行度は、国ごとや、行政区・都市ごとに調査されることが一般的ですが、DATAFLUCT aline.では、日本全国を最小250m四方に分割し、そのグリッド毎にスプロール化の指標を算出することで、スプロール化が進行している場所の可視化と特定を試みています。 しかし、これほど細かいグリッドデータを仕様すると、必然的にデー

スキ
8

技術のうろこ DATAFLUCT discovery. Vol.01 ー地球を検…

宇宙産業はこれまで、予算や技術研究の観点から、国家や国際機関によって推進されてきましたが…

DATAFLUCT
2年前